Press Release.

2020.04.16

News

4月15日β版を開始した新サービス「Digital Art Auction」 初日に販売開始した「Digital Art」が即日完売! 6週連続特別セール販売も実施!

日本の伝説的なクリエイターのDigital Artを独占的に販売し

年間10億円以上の新しい市場創設を目指す 

Digital Art対応ゲーム「JobTribes」β版ローンチ前にプレセールを実施

 

[Singapore, 16 April 2020] 

 

Digital Art Auction β版サービス開始!初日商品ラインナップが完売!

Digital Entertainment Asset Pte Ltd (DEA) は

OKExに4/8に上場した自社仮想通貨 “DEAPcoin”だけが使用可能なサービスDigital Art Auction(DAA)β版4/15にサービスを開始したことを発表いたしました。

Digital Art Auctionβ版はこちら

https://daa.playmining.com

β版で販売したArtはローンチ後に販売するArtと同様に使うことができます。

 

Digital Art Auctionは、日本を始めとする世界中の人気のクリエイターのDigital Artを販売するサービス。

Digital Artは、ブロックチェーン技術により唯一性と希少性を担保される上、

DEA社のプラットフォーム「PlayMining」上のゲームで使用可能なため

高い資産価値を持つことが期待されています。

 

4/15 β版サービス開始日より販売されたDigital Artは期待の高さから販売開始1日で、その日の販売予定枚数を大きく上回るアクセスをいただき即決販売分が完売となりました。1週間の入札期間を設けたブラインドオークション商品は、引き続き入札が可能ですので、Digital Art Auctionをチェックしてください。

 

4/15に販売開始し、1日で完売したDigital Art

『ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章』の漫画家、

ガンダム、マクロスのキャラクターデザイナーの作品を始めとする、

全67種類 合計322点 最低落札価格合計 8,813,080 DEPの作品。

 

今後もたくさんのユーザーの方にDigital Artを楽しんでもらう為に、4/15より6週連続でDigital Artを適正価格にて数量限定で販売させていただきます。

 [See Appendix 1]

 

販売予定 Digital Art ラインナップ(※一部抜粋)

■4/15販売(即決販売分につき完売

 作家:藤原カムイ/アート名「ジョブロードの闘い」/限定3枚/500,000(DEP)〜

 作家:美樹本晴彦/アート名「アイドル」/限定29枚/100,000(DEP)〜

 作家:綾峰欄人/アート名「科学捜査官」/限定29枚/100,000(DEP)〜

 

■4/22販売予定

作家:小川悦司/アート名「中華料理長」/100,000(DEP)〜

 

■4/29販売予定

 作家:藤原カムイ/アート名「騎手」/100,000(DEP)〜

 

■5/6販売予定

 作家:萩原一至/アート名「宇宙飛行士」/100,000(DEP)〜

 

■5/13販売予定

 作家:あんど慶周/アート名「ボディビルダー」/100,000(DEP)〜

 

■5/20販売予定

 作家:皆川亮二/アート名「指揮者」/100,000(DEP)〜

 

5/26には、連動するゲーム第1弾ゲーム「JobTribes」β版がローンチし数十万人のユーザーが参加する予定となっておりますので、この機会に人気が出そうなDigital Artを購入しておくと将来的に資産価値が高まる可能性があります。

ゲームが開始する5/26にはDigital Art Aucitionでのユーザー間取引機能が解放され、Digital Art取引による新しい市場が活発化する予定です。

 

Digital Artが作る新しい経済圏“PlayMining”

エンターテイメントプラットフォーム「PlayMining」では

ゲームをプレイしたりマンガを読むだけで暗号資産DEPを獲得できます。

その特長を武器に、多くのユーザーを獲得する戦略です。(3年間で1億ユーザー目標)

DEPの使用の場であるDigital Art Aucitionにも多くのユーザーが流入し

資産価値あるDigital Artを求めて、多くの取引が行われます。

この際に、多くの資金が経済圏“PlayMining”へ流入することが期待されます。

 

社会的意義と世界的クリエイターの参加

DAAの重要な社会的意義の1つが「クリエイターの地位向上と権利保護」です。

DAAの売買手数料の一部は、そのDigital Artを制作したクリエイターに還元されます。

PlayMiningプラットフォームではクリエイターは自身の作品が売買される度に

「何度も」「期限なく」 報酬を受け取ることができるようになります。

このため、DAAには世界中のトップクリエイターの良質な作品が並ぶことが期待されます。

 

参加が決まっているクリエイター 一覧(順不同):

  • 真島ヒロ『FAIRY TAIL』
  • 小川悦司『中華一番』
  • 皆川亮二『スプリガン』
  • 藤原カムイ『ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章』
  • 美樹本晴彦アニメ『超時空要塞マクロス』シリーズ(キャラクターデザイン)
  • 萩原一至「BASTARD!!-暗黒の破壊神-」
  • 江川達也『まじかるタルるートくん』
  • 綾峰欄人『GetBackers-奪還屋-』
  • 西位輝実アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(キャラクターデザイン)
  • 山地ひでのり『マリーグレイブ』
  • 本宮ひろ志『サラリーマン金太郎』
  • いがらしゆみこ『ジョージィ!』
  • あんど慶周『究極!! 変態仮面』
  • 土居孝幸「桃太郎電鉄」
  • 新谷かおる『エリア88』
  • 佐伯かよの『緋の稜線』
  • 平松伸二『ブラック・エンジェルズ』
  • えびはら武司『まいっちんぐマチコ先生』
  • イトウケイイチロウ『MADMAX 怒りのデスロード』(公式パンフレットイラスト)
  • 金井たつお『ホールインワン』
  • 蚩尤『BUNNY BUNNY BANG!』
  • 開田裕治『機動戦士ガンダム』シリーズ(プラモデル・ボックスアート)
  • 森田崇『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』
  • うめ『大東京トイボックス』
  • トニー・ヴァレント『Radiant』
  • ルノー・ルメール『Dreamland』
  • Ntocha
  • オリヴィエ・ヴァティヌ『Aquablue』

 

Digital Artの資産価値とゲーム市場の拡大

Digital Artは1つのゲームだけでなく、“PlayMining”上の複数のゲームをまたいで使用が可能になる予定であり、ゲームプレイの重要要素となります。また使用用途が複数あるため、資産価値としての向上も期待でき、ゲームを元々プレイしない投資家にとっても価値のある資産になる可能性があります。

 

世界のスマートフォンゲームの売上は2020年 8兆円を超えます。

ゲームユーザーの高額課金がそれを支えているのですが購入されたゲームアイテムは、1つのゲームに紐づくため、いずれその価値を失います。

PlayMiningのDigital Artは芸術作品としての価値に加えて、複数ゲーム間にまたがる利用価値を永久的に持つためゲームユーザーは従来のゲームアイテムに課金するよりも、安心して購入することができます。

つまり、PlayMiningとDigital Artにより世界のゲーム市場そのものが大きく拡大する可能性があります。

 

Digital Artが使用できるゲーム

5/26に“PlayMining”第1弾タイトルとして

トレーディングカードバトルゲーム「JobTribes」β版がローンチいたします。

「JobTribes」は職業をテーマにしたゲームで、あらゆる職業が擬人化されたキャラクターが戦います。Netflixが選ぶ日本のトップクリエイター6人の1人に選ばれた樹林伸氏が、ゲームのストーリーを担当しています。

 [See Appendix 2]

他、世界の国旗を擬人化し話題となった「World Flags」が、ゲーム化することが予定されています。

 

About Digital Entertainment Asset Pte Ltd  | www.dea.sg 

DEAは、シンガポールで20188月に設立された会社です。 DEAは、2020年の第2四半期に、ブロックチェーン対応のエンターテインメントプラットフォーム「PlayMining」を立ち上げ、最初のゲームタイトル「JobTribes」とDigital Art Aucitionを事業として展開します。

 

Appendix1

4/15スタートのDigital Art Auctionβ版より販売され主な商品

 

Appendix2

Digital Artが使用できるゲーム「JobTribes」「World Flags」